住信SBIネット銀行の本当のおまとめローンと審査について

複数の金融業者からお金を借りていると引き落とし日を管理するだけでも一苦労ですね。

あちこちから借入れしている人は借りられる金額が低いために何社からも借りることになったのでしょう。

カードローンでは与信限度額が高くなるほど金利が低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが有利になります。

そうは言っても、多重債務者は金融機関では敬遠されますので借金の全てを完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者の負担を軽減するための商品なのでまず、審査を受けることをおすすめします。

おまとめローンは多重債務者の負担を軽減する商品ですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

借入件数が5社になるとほとんどアウトですが絶望的な人でも審査に通る方法がないかを考えてみましょう。

最初に行わなければならないことは今までの返済状況の確認と借入先の社名と借入金額、残高の確認です。

審査を有利に進めるには1件でも借入先を減らした方がいいですから利用限度枠を上手く使って完済できるローンを返済してしまいましょう。

借入件数が多くても過去の返済で金融事故がなければ返済能力に問題ないとみなされ、審査通過の可能性がでてきます。

おまとめローンの手続きをテンポよく進めるために必要な書類や手続きの方法についてご紹介します。

必須になる書類には本人確認書類があり通常は運転免許証やマイナンバーカード等写真入の書類が必要になります。

現在の借入残高を証明する書類の有無は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融の場合は総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要となります。

収入証明書はおまとめをする金融機関によって異なりますが消費者金融の場合50万円以上、銀行の場合100万円以上のローンから必要となることがあります。

収入証明書は源泉徴収票等が該当します。

特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は早めに必要書類を用意しておきましょう。

複数の借入れがあってもおまとめローンを使えば1本化できるので毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

おまとめローンにも与信審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

実際の貸付金利を銀行と消費者金融で比較jしますと銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンを借りるにしても月々の返済額を抑えるということは返済期間が長くなるという事です。

返済期間が長期化すれば支払う利息も増えてしまうので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるのでローン残高の管理がしやすくなり、場合によっては利息を安くすることができます。

おまとめローンは効率的で多くのメリットがありますがデメリットもありますから、事前にシミュレーションすることが大切です。

おまとめローンでも審査を受け合格する必要がありますが借入金額が大きいなどの要因で審査内容は厳しくなります。

毎月の返済額が多すぎるから減らしたいという人は長い目で見れば、支払総額が多くなるというデメリットがあることを忘れないで下さい。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

おまとめローンを利用すると利息を減らすことができると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしていることが原因です。

おまとめローンによって利息が減るのかどうかは申し込む前に金利の計算をして確認しておいたほうが良いです。

おまとめローンをやっている金融機関の多くは自社のホームページに返済シミュレーションを設けています。

現在、借入している金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の返済額や返済増額が表示されるため簡単に比較できます。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

おまとめローンの審査落ちした人は通らない理由を自己分析する必要があります。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますが各項目に問題が無ければ審査通過の可能性は大きいです。

年収が低い人でも借入れ総額との兼ね合いによっては問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査に通らないと思ってください。

勤務先や勤続年数は返済の安定度や確実性の判断材料となり契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者は好まれませんので過去に返済の遅延が常習の人は審査落ちする確率は高いです。

埼玉りそな銀行にはおまとめローン専用のサービスはありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

総量規制の適用外なので年収による貸し出し制限もありませんし利用条件に最低年収は有りませんから、アルバイトでも申し込みが可能です。

申込条件には、日本に住んでいる人で安定継続した収入があり、満20歳以上から完済時年齢が満71歳未満という規定がありますが勤続年数が短いと落とされる可能性があります。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。

おまとめローンに申し込んだけれど審査に落ちたという人はその原因を判明しない限り、次のおまとめローン審査を受けても審査に落ちる可能性が大きいです。

引用:住信SBIネット銀行おまとめローン審査!【一本化評判口コミ】

審査項目には年収をはじめ、勤務先や勤続年数、借入件数などがあり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利になりますが、重要なことは借入総額とのバランスで借り入れ希望額が年収のうちある程度の割合で収まっているようであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなりフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は過去の借り入れ等を審査される項目でこれまでに自己破産をされていたり、5社以上から借り入れがある人は、審査が厳しくされます。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで月々の返済額や利息の少なくするというメリットがあります。

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても自分に合った返済方法でなければ、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンにしても元本は変わらないので月々の返済額を今より低くすると返済期間は長くなってしまいます。

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンというものは返済型という対応になりますので追加融資をしてもらえないのですが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので、追加融資が受けられることから借入額が増えるリスクもはらんでいます。

銀行では、おまとめローンという商品は少なく借り換えローンやフリーローンというサービスのほうが一般的です。

銀行は総量規制がありませんので追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付が適用されているので、返済専用のローンとなっています。

銀行のフリーローンは事業用資金以外は使途に制限はかかりませんが消費者金融の場合、貸金業の返済のみに限定されています。

銀行の場合、消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能となりますが消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行と比較して審査に通りやすかったり、審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

おまとめローンというものはそうそう利用するものではありませんから利用を考えているほとんどの人が、わからないことだらけだと思います。

手続きに必要な書類や、返済方法などといった疑問はおまとめローンを提供している金融機関の「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金がいくらになったら、おまとめローンを考えたほうがよいかといった一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトには消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容の比較等もあるため、金融機関のHPでは得られない情報が満載です。

審査に通るコツやポイント、通らない人の傾向など有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

おまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで月々の返済額を低くすることができます。

毎月の返済額を減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますが返済する元本はそのままですので返済期間は長くなる事になります。

返済期間が長期化することで、その分金利も発生しますので返済する総額はおまとめローンを組む前より増えることになります。

一方で、与信限度枠が高ければ適用金利が低くなりますのでおまとめローンで高い与信限度額が承認されれば、現在よりも低金利で借り入れられることになります。

そのため、おまとめローンでどれくらい金利を抑えられるのかということをきちんとシミュレーションしておけば返済総額を増やさなくても、毎月の楽な返済を実現できるのです。

おまとめローンの手続きで一番手軽な方法はインターネット上で申し込みから契約まで完了できるweb完結です。

ローン手続きを他人に見られるのは気まずいと思う人には最適ですしわざわざ出かけて行かなくても申し込むことができます。

web申し込みはweb完結と混同されがちですが申込から契約まで、全工程がインターネットで完了するのはweb完結の方です。

web申し込みは申し込みフォーマットに入力するだけなので必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

web完結なら曜日や時間に関係なく手続きができるだけでなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。

三井住友銀行グループのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングサービスがあります。

消費者金融のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であることや返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが即日審査、最短即日融資は銀行のおまとめローンではなかなか真似ができません。

最大限度額が300万円以下という上限がつきますがパ―トやアルバイトでも20歳から65歳以下の人で安定した収入があれば申し込むことができます。

おまとめ対象の借入先に返済してくれるだけでなく代行手数料や振込手数料、更には繰り上げ返済手数料も無料になるメリットがあります。