肥満治療ナビ - 正しい予防と対策とは?TOP > 病気のリスク@ > 睡眠時無呼吸症候群との関係

睡眠時無呼吸症候群との関係

 

肥満になると色んな病気を引き起こしますが、自分で気がつくのが難しい病気として「睡眠時無呼吸症候群」というものがあります。

 

私の主人は太り気味で、この前突然夜中にいびきがピタっと止まったので気になって見てみたら、呼吸をしていないので大慌てで起こしましたよ。

ですが、本人にはまったく自覚症状がなくて、調べてみたら睡眠時無呼吸症候群の症状が出ていたみたいなんです。

 

この睡眠時無呼吸症候群というのは、その名の通り眠っている時に呼吸をしなくなってしまう病気で、放っておくと高血圧や脳梗塞などの合併症を起こす危険な病気です。

 

と言っても、ずっと呼吸をしないというわけではなく、大きくいびきをかいていても突然いびきが止んで1分くらい何の音もしなくなる事があり、その無音の時が呼吸をしていない状態になるんだそうです。

 

睡眠時無呼吸症候群は、こういった状態が寝ている間に繰り返されるので、下手をすると脳に送られる酸素が足りなくなってしまう事もあるのがが恐いところ。

 

肥満の人というのは、首の周りにも脂肪が付いていて気道を狭めてしまっているんですが、このせいで呼吸が正常に出来なくなってしまうんですね。

 

しかも、眠る時は横になることで余計に気道が塞がれてしまうので、無呼吸になったり大きないびきをかいたりするというわけです。

 

ちなみに私の主人に関しては、本人に運動させることも大事ですが、私もしっかり食生活を管理してあげなくちゃと反省しましたね。

 

中年太りはしょうがないなんて思っていても、命に関わる病気になってしまうかもしれないので、まずは肥満を解消してあげられる食生活にしたいと思います。

 

あなたの旦那様はいかがでしょうか。

 

病気のリスク@記事一覧

病気との関係

肥満というのは、ただ太っているということではなく、体を構成している成分の中でも脂肪の比率が高いということです。体脂肪率が高いということは、体内器官にいろんな影響を及ぼすもの...

糖尿病との関係

太っているからと言って、必ずしも糖尿病になるという事はないですが、肥満の人は糖尿病になる確率がとても高いということが分かっています。肥満というと、イメージ的に太った人がなる...

アルコールとの関わり

あなたは、アルコールがお好きですか?私はもともと太っていたので色んなダイエットをしたんですが、どのダイエットでも必ず守らなければいけない項目に、「アルコールをやめる」という...

睡眠時無呼吸症候群との関係

肥満になると色んな病気を引き起こしますが、自分で気がつくのが難しい病気として「睡眠時無呼吸症候群」というものがあります。私の主人は太り気味で、この前突然夜中にいびきがピタっ...