肥満治療ナビ - 正しい予防と対策とは?TOP > 基礎知識A > 妊娠・出産をする場合

妊娠・出産をする場合

 

あなたは、妊娠を希望していませんか?

 

私の場合、妊娠してまずお医者様に注意されたことが、「あんまり体重を増やさないようにして下さい」というものでした。

私の中では、妊娠したら体重に気を配らなくてもいいというイメージだったので、この言葉は意外でしたね。

 

知人の話でも妊娠後期になると動きづらくなるし、周りがいろいろやってくれるからと殿様状態で体重が20kg増えたなんて話も聞いていたので、「妊婦っていいなー」ぐらいに思っていたんです。

 

実際、私はもともと痩せているわけではないし、太りやすい体質だったので太らないようにするのは結構大変でした。

 

確かに、昔は妊娠をしたら太ってもいいという考えだったらしいですが、最近では太りすぎると出産自体に支障が出るそうですね。

 

どうして太ってはいけないかというと、肥満になると「妊娠中毒症」にかかる可能性が高くなるからだそうです。

 

妊娠中毒症の症状は、むくみや尿淡白などでひどくなると高血圧になったりします。

 

むくみは、むこうずねが凹むようになったり、放っておくと全身がむくんでしまって歩くことが困難になるので、家事や妊娠中に必要な軽い運動も出来なくなってさらに肥満になってしまうんだとか。

 

尿淡白が出ると、尿と一緒に必要なたんぱく質が排出されてしまって栄養失調状態になるという事で、胎児に栄養が行き届かなくなることもあるそうです。

 

高血圧については、脳梗塞や心筋梗塞を起こす原因になるので、出産どころか自分の命にも関わってきます。

 

だから、赤ちゃんの成長のためにも安全に出産する為にも、きちんと食事を管理して肥満にならないようにするのはすごく大切な事なんですね。

 

妊娠中の方は、これ以上体重が増えないよう気を付けていきましょう。

 

 

 

基礎知識A記事一覧

小児・子どもの場合

こどもの頃というのは、自分で太っているいないという事をあまり意識しないので、親から与えられたり自分の好きな物をどんどん食べてしまいますよね。ですが、小さい時に摂取した炭水化...

妊娠・出産をする場合

あなたは、妊娠を希望していませんか?私の場合、妊娠してまずお医者様に注意されたことが、「あんまり体重を増やさないようにして下さい」というものでした。私の中では、妊娠...

アメリカの場合

アメリカ人というと、すごくスタイルの良いイメージもありますが、すごい太り方をしている人も多いという両方のイメージがありますよね。日本人だとあそこまで太っている人はそう見かけ...

日本肥満学会について

あなたは、日本肥満学会について知っていますか?世の中には色んな学会がありますが、肥満を専門に研究する「日本肥満学会」なるものがあるとは、私は最近まで知りませんでした。 ...