肥満治療ナビ - 正しい予防と対策とは?TOP > 基礎知識A > 小児・子どもの場合

小児・子どもの場合

 

こどもの頃というのは、自分で太っているいないという事をあまり意識しないので、親から与えられたり自分の好きな物をどんどん食べてしまいますよね。

 

ですが、小さい時に摂取した炭水化物の量によって、将来太ってしまう肥満症になるという恐れがあるそうです。

私自身も小さい時から太っていて、小学生の時には「でぶ」と言っていじめられたりしたことがあったので、自分の子供は気をつけようと思っています。

 

さて、子供の肥満というのは良性肥満と悪性肥満の2種類に分けられるそうですが、良性肥満なら1歳を過ぎた頃には標準体重に戻るので心配はないそうです。

 

ですが、悪性肥満の場合には1歳を過ぎるとさらに体重が増加していき、かなり高い確率で成人肥満になってしまう恐れがあると言われています。

 

この成人肥満というのは、ただ単に太っているという事ではなく、色んな病気を引き起こす原因となる肥満症にかかってしまうものです。

 

肥満症にかかると、高血圧や糖尿病などの完治させることがほとんど不可能な病気にかかる確率がとても高くなるので、小児やこどもの頃から親が気をつける必要があるんですね。

 

ただし、単に気をつけるといっても、成長期であるこどもに食事制限をするのはその後の成長が心配ですよね。

 

だから、摂取カロリーに気をつけるのではなく、公園などでたくさん遊ばせるようにして消費カロリーを増やしたり、炭水化物を摂り過ぎないように野菜を多く食べさせるなどの工夫が必要になってきます。

 

いずれにしても、大人になってから肥満症になるととても大変なので、こどものうちから親がしっかりと管理することが大切ですね。

 

基礎知識A記事一覧

小児・子どもの場合

こどもの頃というのは、自分で太っているいないという事をあまり意識しないので、親から与えられたり自分の好きな物をどんどん食べてしまいますよね。ですが、小さい時に摂取した炭水化...

妊娠・出産をする場合

あなたは、妊娠を希望していませんか?私の場合、妊娠してまずお医者様に注意されたことが、「あんまり体重を増やさないようにして下さい」というものでした。私の中では、妊娠...

アメリカの場合

アメリカ人というと、すごくスタイルの良いイメージもありますが、すごい太り方をしている人も多いという両方のイメージがありますよね。日本人だとあそこまで太っている人はそう見かけ...

日本肥満学会について

あなたは、日本肥満学会について知っていますか?世の中には色んな学会がありますが、肥満を専門に研究する「日本肥満学会」なるものがあるとは、私は最近まで知りませんでした。 ...